简体中文  |  English  |  日本語  |  한국어
明鏡如粧

宋代の山水画の大家郭熙観察の四季の山水時に「春山淡冶而如笑,夏山苍翠而如滴,秋山明净而如妆,冬山惨淡而如睡」を感じる、「よう展园真っ白い化粧」ことがタイトルの由来。展园敷地面積0.75ヘクタールの公園の入り口に位置して、西の東側に、東臨園主工湖は、局所隆起した小島、小島を通して二座小橋陸続き越しに、小川園区西の入り口と向かい合っている。さらに、なだらかな坂まで延びて水。

秋は人に1種のさわやかに、きれいでつき色彩感覚だけでなく、人々は秋の遠足の主な原因も、展园の求める効果。展园「秋」という切り口からは、「葉」と「化粧」で、主に「金叶を迎える秋」や「秋晴れ」の2つの名所。「金叶を迎える秋」として、園区西入り口の景、展园主入り口を設けた一組の木の葉は回転装置状。観光客を通り抜けて時、片片木の葉の次に回転装置が増えたのは、名所観光客との双方向性。展园で週囲はイチョウ、エリカ、モミジなどの色叶乔木発揮秋、カラフルな色。西に入って入り口を抜けて、砕石小路は、目の前には一面の広々とした日向芝生、これは展园の別の名所「秋晴れ」。広い芝生の直接接続園区の最大の人工湖、見渡す、そんなに澄んでいるようにも、日をとりわけ靑、ひときわ高く、遊覧客はここで自然と親しくゼロ距離。

常州は出産梳篦で世に名を知られ、展园内も発揮したという点。展园擁壁彫られたので梳篦文化の特色に富んだ常州レリーフ、配植は秋の代表的な色叶木を背景として。多彩な秋景結合に常州の伝統的な文化は、詩情画境満足し、遊覧客は視覚官能の体現していると同時に、常州悠久の民俗工芸。

 

Copyright © 2011-2013 Tiande Lake All Right Reserved.
technical support: Taizhou Beeslead Co.Ltd