简体中文  |  English  |  日本語  |  한국어
叢竹藪幽音

展园「叢竹藪幽音」を、それは声を突破口に、さらにイメージコンセプト。「竹」を指す竹、中国の古い詩と詞の中で、鳥や虫、泉、雨、風、竹の声も形容された「幽音。「叢竹藪幽音」つまり、竹林からの声に、ここから派生を自然の天籟の音。「叢竹藪幽音」と題し展园表現テーマ、遊覧者の遊覧して過程の中にの想像力を、これらの姿が見えない、ただぼんやりと、をもたらしてくる安寧とのめでたい感の声。
 
展园園区の北部に位置し、文化回廊の南側に寄り添い科学技術館や中央湖、総敷地面積は5300平方メートル。展园竹で植物を主体を採用し、イメージ的な表現手法によって、合理的な配置を改造して、地形、体現が現代の景観とともに浸透効果、多くの人文の理念。
 
展园分を3ノードの景観、それぞれよう台、知覧に聞いて、雨轩湖。そのように、テレビは自然の「幽音」に別の1種の人為的な風土妙音;知覧湖の採用のは借り景の表現、つまり借用園内の中央湖大背景として展园自身特有の景色を通じて、展园内に10多種地元土壌の生長の竹で、高く低く、こんもりとと散生の表現形式に静かな効果を聞い雨轩は、文字通り雨宿りの場所は、その週辺に植え芭蕉が、雨の日は「雨に打た芭蕉」の诗の世界。

Copyright © 2011-2013 Tiande Lake All Right Reserved.
technical support: Taizhou Beeslead Co.Ltd