简体中文  |  English  |  日本語  |  한국어
草堂で茶を飲む

展园「草堂で茶を飲む」は、公園の中軸線は、江蘇泰州地方特色の1つの茶文化をテーマにした。6600平方メートルの敷地面積。

「苔痕上階緑、靑色入簾靑」、全体の展园と刘禹锡陋屋のスタイルと同じ。草を敷設草堂、水跡だらけの井戸、刻ま年輪のイチョウ切り株……一カ所が現れたが古园の景色、緑豊かな植生や喬木をしっかりに囲まれ、茶山草堂風光が浮かぶように絵。

展园全体の配置構造が「核、二軸、三面、4時(点)」の特徴は、「核」、すなわち草堂、「二軸」すなわち横、1着展园縦断の園内に道で、「三方」と広場、植物型紋キメ、密林、「4」と2基の柴門、古い井戸、景観柱。草堂は展园全体のポイントで、緑の草ぶきの屋根で满植、壁の組み込み草花の屋根は生命で、全体の草堂活力に満ち、収容できる8から10人同時に茶。「柴門」取材伝統木作门头、鋼構造、草花栽培構造の生け垣漏窗などのファッション的な現代なうわべの下でも中華味。草堂後に一口古井戸だらけの水で水をくむ桶の跡やロープの深い印を殘して都市の世の変転歴史を目撃した。園内に併設9根景観キャピタル、別れた鳥装置、惹かれ、鳥巢を、展园を怒る。

草堂内に刻まれて「茶経」は原文の芸術小品を紹介した豊富な茶文化;草堂のほか、さまざまな叶乔木と緑灌木がレベルに植え展园3面の山の斜面を形成し、茶山の輪郭。

Copyright © 2011-2013 Tiande Lake All Right Reserved.
technical support: Taizhou Beeslead Co.Ltd