简体中文  |  English  |  日本語  |  한국어
平坂晓色


「平坂晓色」のテーマは、平地を建てて江蘇南京の特色。展园って園区の中心部に位置して、1つのは水に囲まれた島は、面積1.2万平方メートル、入っ展园を借りて木桟橋。

展园共四つの部分には、それぞれ石城迎客、疏影緑汀、だらだら坂淡いや暁棹を照らし出す。園の景の壁に刻んだ「今昔地勢が堅固なことをいう勝、天地がひっくり返る円いで慷」名句と梅柄と、向こうに刻まれ、江寧、金陵天京、建ギョウ、べき日と置き石、道を構築展园の第1景「石の城」。石城迎客は景壁や置き石形成開閉体現空間、南京「石の城」の特色。

石城に入って、正面には「疏影緑汀」。「疏影緑汀」は4枚の起伏の島で、栽培の南京で赤、美人梅を中心に南京市「梅」。

「だらだら坂淡い」はおもに臨水は大芝生の上で植えヒマラヤスギ表現。曲径通幽園路、頭は花崗岩竜脳香嵌水洗い石屋から園門、向こうは花崗岩竜脳香嵌ターフ屋から水辺。内側ほど、景色が柔らかい。「だらだら坂淡い」と「暁棹照らし出す」の2景は依水として建てられ、その中に「暁棹照らし出す」スポットの原型は南京シラサギの州で、これも展园最大のスポットライト。

「暁棹照らし出す」は南京シラサギの州を表現対象土盛り成洲、梅ドックと鷺島水相をあけて眺めて、島が植えて百日紅、ナンキンハゼ、モミジ、植生は靑々と茂って、そして白鷺翩の群像飛んで、まるで白鷺羽ばたいていく。

 

 

Copyright © 2011-2013 Tiande Lake All Right Reserved.
technical support: Taizhou Beeslead Co.Ltd