简体中文  |  English  |  日本語  |  한국어
閑亭聆風

园「閑亭聆風」は園区の北部は、全体の緑地大環境の見通し区。江蘇南通は中国の4大凧産地の一つとして、南通凧を保存していた「絃鳴る靑空と古代凧」の特徴は、独特の音響効果で「哨口凧」。展园名づけて「閑亭聆風」は、でもこの古い地域文化の特色、それを巧みに庭園の芸術作品の中で、悠然と、落ち着いて、ショーを建造するなら天城の庭園の境地。展园総敷地面積8000平方メートル、その中92%緑地率。

園内を自然に滑らかなラインに入り口を、園路と有機結合と場所。全体の展园分を4か所の主要な名所り、主の入り口や次入口の景観のほか、園区の重要な節目の位置に位置する閑亭落花、石泉重ね渓の2大名所。

その中で、主に入り口煉瓦や木枠の造形として材料を、巧みに空間を仕切ると景色浸透を統一して、久しぶりの増加が漏れ、展示されたように、雨雨がない生活の楽しみの景観効果。隣の立を刻んだ「閑亭聆風」という石碑、週辺の景観形成文景互いに引き立て合う、活気の雰囲気、富んでいる。園内主要な景観の「閑亭」の週辺は、明確に各名所の間相互浸透の立体多重空間に足を伸ばしながら、景異の効果で、ここでは、一年を通して違う景色は、春の知覧坂の上で桜が舞う花雨;夏観前側はさざ波倒影、ひらり;秋賞オアシス金果光り輝いて、花吹雪;冬を週囲红装素裹、黄葉鈴なり。

全体の展园重視の全体の協調統一性、デザインにも考えと会場の中央に水面の関係、また配慮したと近隣域週辺の巧于で借りて、十分に展示した「中国庭園の含蓄緻し、欲扬先抑」の特徴。ほかに展园景色はを取って「佳は徴収、風俗はモニター」の設計手法を出したマルチアングル、多変化の景観の視線。

Copyright © 2011-2013 Tiande Lake All Right Reserved.
technical support: Taizhou Beeslead Co.Ltd