简体中文  |  English  |  日本語  |  한국어
东篱菊影


さざ波の湖に映る菊影、古き建築に菊韻を絡ませ、風景が絵のような展园内菊香満ちる懐、ユビキタスの菊の花が美しい……
展园は園区の北部、近隣「草堂茶」展园、敷地面積は約6000平方メートル、「柴門問隠れ」、「芦灘湿地」、「双柑听鹂」、「採菊东篱」4大名所、そのうち「採菊东篱」は展园ゆギ表題の景。「东篱菊影」のテーマは「菊を採取东篱の下に、悠然と見南山」の诗の世界。
展园入り口景壁に竹を垣根を主景形成障害、景に達し、欲扬先抑景観効果。「採菊东篱」をめぐって展開景観東側の山の斜面には、山に栽培大片小さな菊の花、ツツジや穂波、これの特色の景観形成菊の花の海。会場の中心に北部、自然を模倣群落形式の林帯栽培トウネズミモチなどの木、同封山体起伏形成の変化の林冠線、林縁片植小さな菊の花、听鹂亭のものの両側は栽植卓上菊、崖の菊、塔菊などの観賞性の菊の花が、南側時植モクセイを主景その後に隠れて。これは江蘇省鎮江南山戴颙「斗酒双柑听鹂声」文化の精製や適適度世捨て人表現。
展园自然回帰物をめぐって、私ずっとテーマに展開し、重点各小景観の営みに体現した生態、調和の取れた大雰囲気。全体の展园取材伝統、疎林淺草間を体現する中華味、そして、各隅が十分に体現した生態、調和の設計理念。  

 

Copyright © 2011-2013 Tiande Lake All Right Reserved.
technical support: Taizhou Beeslead Co.Ltd