简体中文  |  English  |  日本語  |  한국어
梧竹秀石


展园「梧竹秀石」は文化展示歩廊と総合パビリオンの間の島で、総面積は約0.56ヘクタールだけを通して、北小橋外界と通じ、唯一は水に囲まれた展园。
展园のテーマは「梧竹秀石」、直接指摘するた展园含まれる3種類の造園材:桐、竹、石。桐と竹の中国の伝統的な植物で、伝説の神鳥鳳凰「非キリない栖、非竹実食、非清泉飲まない」、泰州の古称凤城は展园スポットテーマ表現を提供して人文元素。
展园メインスポット設置小島南側で、「桐栖鳳」という内容の名で栖鳳亭。この観光地は3本の銅の梧桐を主体とし、幹組み合わせる。栖鳳亭内供は休みの遊覧客席の風格がある。同様に、靑銅鋳造し、形に酷似している梧桐木の葉は、まるで木から3梧桐樹に落下した。で栖鳳亭の左側に元からある丘切開一角を採用し、現代の手法で、設置する水槽、園内に人工湖展园内の導入。また、水槽の近くの景観を噴霧処理する一種の住んでいるような雰囲気。施設立此水槽の意図は、即神鳥鳳凰非清泉飲まないと言って。
展园また二つの造園材:靑竹と石も、巧みにあてがう展园内で。展园で唯一の入り口を植え、靑竹でなく、栽培が合围時に鳥の巢のように、意為“鳳巢」、赤色の火で岩になっ展园のハイライト、それらは小出しにちりばめ展园内で、1種の真っ赤な色が醸し出す雰囲気、遊覧客は展园内のそれぞれの位置鳳凰の感じも踊る。

 

Copyright © 2011-2013 Tiande Lake All Right Reserved.
technical support: Taizhou Beeslead Co.Ltd